Meraki
特徴・詳細

Detail of Meraki

クラウド型セキュリティアプライアンス製品(Cisco Meraki)の特徴

どこからでもアクセスできる Meraki ダッシュボードを使って、国内拠点だけでなく、グローバルな環境下であっても、場所を問わず、何千ものデバイスを一元管理可能。

場所を問わず管理できるクラウド管理型ソリューション

どこからでもアクセスできる Meraki ダッシュボードを使って、国内拠点だけでなく、グローバルな環境下であっても、場所を問わず、何千ものデバイスを一元管理可能。

  • ネットワークデバイスおよびエンドポイントデバイス(Meraki システムマネージャ)を、単一のダッシュボードで一元管理可能
  • クラウドダッシュボードで全てを管理するため、無線LAN導入時のワイヤレスコントローラ、認証サーバなど、管理用のハードウェアやソフトウェアの別途購入は不要
  • モバイルアプリを利用することにより、外出先からでも手軽にアクセス可能。
  • 在庫の見える化:発注点発注・定期定量発注・マニュアル発注など部品に合わせた発注方式で余剰在庫ゼロを実現。
  • ビジネスの成長に合わせた、ネットワーク環境拡張についても柔軟に対応可能。
  • 従来のテクノロジーと比較して、運用コストを大幅に削減可能

通信の見える化

Webブラウザ上でご覧いただける、GUIベースのダッシュボードからすべての機器が管理可能となります。
また、Meraki ダッシュボードでは、ネットワークに接続するデバイス、構成するデバイス、ユーザが使用するアプリケーションなど、さまざまな情報を可視化できます。



Meraki MSシリーズでは、ネットワーク機器の接続図を自動で作成し、表示することが可能です。また、障害が発生した場合には、障害発生個所の表示が変わり、視覚的に現在の状態を確認することが可能となります。



無線APの電波利用状況をヒートマップに表示し、視覚的な確認を行うことが可能となります。



ユーザごとのアプリケーション利用状況をグラフ表示し、確認することが可能となります。
また、セキュリティアプライアンスを利用することにより、アプリケーションやトラフィックの制御も可能です。



Meraki ダッシュボードでは、組織全体のセキュリティ関連イベントを可視化して単一の画面で確認できる「セキュリティセンター」を利用できます。
ネットワーク内で発生したイベントを視覚的に表示することが可能です。また、グローバルIPアドレスによって、どの国からの攻撃があったかを確認することが可能となります。



ページのトップへ