労働環境


最近では、IT関連企業は「新3K職場」などと揶揄され、魅力のない会社の 代名詞のように言われていますが、当社は新3Kとは無縁の労働環境です。
所謂、新3Kと言われる「きつい」、「給料が安い」、「帰れない」に対し、 これまでも次のように対処してきました。

「きつい」に対しては・・・
  • 新しいことへチャレンジする機会の積極的な創出とモチベーション向上
  • 上下のコミュニケーション推進による業務やプライベートの問題発見と早期対応
  • 世代間の意思疎通ギャップを抑制する継続的な新入社員の雇用
  • 「給料が安い」に対しては・・・
  • 業界で標準的な給与を維持するとともに、一時金の闊達な評価
  • 「帰れない」に対しては・・・
  • 徹底した法令順守(36協定など)により過多な残業を排除
  • CMMI利用による開発プロセスの様々な段階における手戻りの削減
  • このように真に働き易い労働環境を確保しているからこそ、社員の活力を 保持できていると自負しています。 これに甘んじることなく、今後も労働環境の改善には積極的に取り組んで まいります。