CAD/PDM/CAM/DF

CAD(Computer Aided Design)/PDM(Product Data Management)/CAM(Computer Aided Manufacturing)/DF(Digital Factory)

設計から生産までの幅広い分野でCADデータを有効活用するCAD、PDM、CAM、DFシステムの構築、教育、技術サポートを提供します。
また、3次元CADデータを利用した製品カタログやWebコンテンツを作成します。

デザインCADシステム 設計CADシステム CAM ハーネスCADシステム
Digital Factory データ授受 CG製作のプロセス構築

デザインCADシステム

Autodesk社製AliasStudioの黎明期より、自動車意匠デザイン工程向けの機能カスタマイズを手がけて参りました。 お客様自身による機能カスタマイズのご要望についても、開発トレーニングやコンサルテーションを行っております。


PDQチェック機能   配光シュミレーション機能
PDQチェック機能
拡大表示拡大表示
  配光シミュレーション機能
拡大表示拡大表示
このページのトップへ


設計CADシステム

01)出図系システム
CATIA/PDMを基盤とした運用・サポート、カスタマイズに長年の実績があります。 また、近年注目されているPDQ(Product Data Quality) の運用・サポートにも豊富な経験をもっており、 CATIAとPDM/PDQを組み込んだ出図系システムの開発にも成果を挙げています。


【出図系システム適用事例】

出図系システム

02)VPM Navigator
ENOVIA社のPDMツール製品であるVPM Navigatorの運用・サポート、カスタマイズに豊富な実績があります。また、BoMシステムなど他システムとの連携、出図データ管理システム構築、CATIA V4/ENOVIA VPMとのデータ連携など、関連システム開発の経験も豊富です。お客様のニーズに合わせて導入からカスタマイズ、関連システム開発までご支援いたします。


PDMツール


03)市販CADサポート・カスタマイズ
顧客に合わせて、CATIA、DELMIA、Inventor、AutoCAD、Pro/ENGINEERなど市販CADのカスタマイズプログラムの開発、 および運用支援・データ作成などのサポート を行っています。また、PDMとの連携やデジタルモックアップ・3D Viewerの運用に おいても豊富な実績をもっております。長年自動車会社のシステムサポートで培った経験を生かし、 バージョンアップや他CADへの移行支援等のコンサルテーションも行っております。


【CATIA V5による開発事例】

データ授受
このページのトップへ


CAM

生産準備段階では、非常に高精度な曲面作成が必要です。
デザインや設計部門のCADデータを読み込んで形状のうねり等を除去していく作業は、データ交換による誤差、データ量増大等の問題があり、解決するため の開発、調査に取り組んでいる最中です。


高精度な曲面のチェック検討方法
高精度な曲面のチェック検討方法
拡大表示拡大表示
このページのトップへ


ハーネスCADシステム

近年、車のエレクトロニクス化が進み電子制御部品が増加しているため、部品間を結ぶ車の神経となる電線のハーネス設計が複雑化しています。 このハーネス設計を支援するシステム開発の実績があり、そのノウハウを活かしたシステム構築、プロセス改善等の実践的なコンサルティングサービスを行います。


車のハーネス概要図
車のハーネス概要図
拡大表示拡大表示
このページのトップへ


Digital Factory

3次元のCADデータをもとに、様々なシミュレーションを可能にします。部品から製造品全体までをカバーします。


デジタルプロトタイプとその応用
デジタルプロトタイプとその応用
拡大表示ムービー
このページのトップへ


データ授受

グローバル調達が必然となっている昨今、海外とのデータ交換において最も重要なのは、交換方式の共通化とセキュリティの確保です。ENGDAT(送達票の世界規格)/OFTP2(セキュアな交換方式)をベースにしたSWANやOS4Xなどのシステムサポート経験を豊富に有しており、国際間の設計・製造情報データ交換をサポートしています。私達は、お客様のインフラ要件に沿ったコンサルとシステム開発をご提案致します。


データ授受
このページのトップへ


CGコンテンツ製作のためのプロセス構築

製品カタログや取扱説明書、整備解説書といった販売時および販売後のためのドキュメントは、これまで多くの人手を介して制作する必要がありました。これらをブレークスルーするための鍵は3D設計情報の有効活用にかかっています。私たちは、CGコンテンツ制作に必要となるCAD情報を適切に収集し活用するためのプロセス構築をご支援いたします。


CG作成プロセス
このページのトップへ